メッセージ

生和会で一緒に働いてみませんか?
各事業所の管理者から、求職者のみなさまへのメッセージ

彩都リハビリテーション病院外観イメージ彩都リハビリテーション病院別ウィンドウで開きます

イメージ
理事長 兼 院長
福澤 正洋

 彩都リハビリテーション病院(回復期リハビリテーション病棟120床)は、北大阪の丘陵地の自然豊かな住環境、文化学術や研究開発、国際交流と文化交流都市機能を有する地域に平成22年4月に開設されました。脳血管系、運動器リハビリテーションを主幹にとし、在宅復帰、在宅サービスとして訪問リハビリテーションを実施しています。
 わが国は世界有数の長寿国であり、2025年には人類が経験したことのない超高齢化社会になります。一方、一億総活躍社会を目指していますが、そのためには「健康長寿」である必要があります。しかしながら、疾病や外傷から起こってくる障害を持ちつつ生活される方々も多くいらっしゃいます。リハビリテーション医療は正にこの障害のある人々を身体的,心理的,社会的に,各人それぞれの最大限度にまで回復させることを目指しています。当院では患者さまが“自分らしさ”や“日常”を取り戻すために、医師とともに看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・薬剤師・栄養士等の専門スタッフがチームとなり安全・安心で質の高い治療に取り組んでいます。
 また、当院は同一病棟でリハビリが出来るように、各階にリハビリスペースを設け、チーム全員が患者情報を共有できるようにしております。なかでも、嚥下障害に対しては、X線装置による嚥下機能の診断を行って、言語聴覚士と歯科衛生士が摂食機能療法を行っています。
「患者さま」「家族」「地域」「医療・介護」の4つの想いをひとつにし、回復期リハビリテーション病院として地域で信頼され、必要とされる病院となるよう努めてまいりますので宜しくお願い申し上げます。


イメージ
看護部長
竹内 明日子

<看護部理念>

私たちは、当院の理念、基本方針を基盤とし、患者さま本位の看護を実践します。
寄り添い、支えあい、共に成長します。

<看護部方針>

1.自分らしく生きるため、心をこめてお手伝いをします。
2.接遇を大切に、お互いを尊重し、よりよい療養環境と職場環境に努めます。
3.専門職として、常に自己研鑽に努め、チーム医療に反映します。

<看護部長メッセージ

 看護部では、患者さまの24時間の生活に密着し、食事・排泄・入浴・移動・更衣・睡眠などの日常生活行動援助技術をもって、1日も早く家庭や職場に復帰できるよう生活支援重視の看護・介護を行っています。また、障害受容への精神的サポートや、患者さまがご家族様から適切な支援が受けられるようご家族様への介護技術指導も行っています。
 多職種とのチームアプローチでは、よりよい医療の提供と、患者さまがその人らしい人生が送れるように「生活の質」を考えたコーディネートの役割にも取り組んでいます。
 これからも私たちは、患者さまに寄り添い、支えあいながら、温かく思いやりある看護、患者さまを笑顔で見送れる看護に努めていきます。
 そのためには、人間性の豊かさや看護倫理を基本とした看護教育を行い、一人一人が自律した看護職の育成に尽力していきます。


登美ヶ丘リハビリテーション病院外観イメージ登美ヶ丘リハビリテーション病院別ウィンドウで開きます

イメージ
病院長
中野 恭一

「人として生きる」

 昭和20年以後、日本は戦争に参加しないで過ごすことが出来るようになり、また医学・薬学の進歩・発展が著しく、今や日本は世界有数の長寿国です。しかしながら皆が皆「健康長寿」ではありません。疾病と戦いながら、あるいは疾病や外傷から起こってくる障害を持ちつつ生活される人々も多くいらっしゃいます。リハビリテーション医学・医療は正にこの障害に取り組むものです。障害を持つ患者さんに応じて、医師と伴に看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士等の専門職がチームとして治療に当たります。その結果、障害が重く残りご家族や、施設職員の介助・介護および福祉サービスを受けながらの生活でも、人間としての尊厳を保った生活を送っていただけるよう努力すべき分野であると思います。

  医療法人社団生和会は、このたび4番目の病院として学研奈良登美ヶ丘の地にリハビリテーション病院を開設いたします。回復期リハビリテーションの専門病院として地域で信頼され、必要とされる病院に育っていくよう努めてまいりたいと考えます。

イメージ
副看護部長
乾 真弓

自分らしさをとりもどす、精一杯のお手伝い

私たちは、患者さま、ご家族と「共に悩み」「共に考え」「待つ看護」を大切にしています。

回復期リハビリテーション病院では、急性期病院で治療を受けられた患者さまを早期に受け入れ、24時間の関わり全てをリハビリと捉えています。日常生活動作の向上、在宅復帰を目標に多職種チームで患者さまやご家族を支援し、「その人らしく生活していただける」よう充実した医療・看護を実践しています。

リハビリテーション看護についての専門的知識や実践を積み重ねることにより、専門職として、また人として成長し合える環境づくりを行っています。

<看護部理念>

看護+ケア+リハビリマインド

患者さまの人権を尊重しその人らしい生活が送れるように
患者さま主体の信頼される看護・介護を提供します

<基本方針>

  1. 職業倫理に基づき患者さまの人権を尊重した看護・介護を実践します。
  2. チーム医療を推進し、切れ目のない医療・看護・介護を提供し地域医療に貢献します。
  3. リハビリテーション医療・看護・介護に対する専門的知識を高め、安全・安心な信頼される質の向上を目指します。
  4. 職場環境の向上と活性化に努め、働きやすい環境づくりに努めます。
  5. 一人ひとりの知識・技術の向上のために支援し、科学的、創造的、主体性のある看護師・介護福祉士を育成します。
  6. これらの実現のために日々、自己研鑚に努めます。

イメージ
事務部長
平岡 範人

リハビリ専門病院に対する成果を

平成26年6月に誕生した登美ケ丘リハビリテーション病院。
リハビリ専門病院として、①十分な人員配置、②特化された病院設計、③エビデンスに基づいたリハビリ方針。

①122名の患者さんに対し、セラピストは約80名体制。
現在の診療報酬では、回復期リハ病棟で1日最大9単位(3時間)のリハビリが認められています。当院では最大限のリハビリ時間が提供できるよう、セラピストを厚く配置しています。

②真に患者さんが居心地良くリハビリに取り組める環境とは何かを考え設計・建築。
4人部屋で1人あたり 10㎡以上を確保し、仕切り家具を用いた準個室風としています。各病棟に広い廊下とリハビリ専用スペース、5階にはリハビリ専用フロアーを配置し、中庭風の美しい屋上庭園を介し、患者さん同士が互いにリハビリに励んでいる姿を見ることが出来、また、自然を肌で感じて頂くことで、癒しの効果があります。

③「治療ベッドは少なく」
これは、患者さんが横になり運動量が少なくなってしまうことを避けるためです。患者さんは、夜間ご自身のベッドで十分な休息を取られているにも拘らず、また、日中の大切な時間、横になって休憩することは、よほど重度な方以外、非常にエビデンスに反することだと考えています。日中疲れて、リハビリ練習の合間にご自身のベッドで休まれるのはよいでしょう。しかし、通常の日常生活では日中横になることは、むしろ少ないのではと考えます。また、横になると心地よく眠気に誘われるのは当然のことでしょう。休息は「坐る」を原則とし、病棟での日常生活から運動量・活動性を重視することで、動作練習主体による機能・能力障害の改善を実践するよう頑張っていきます。


求人検索

ページトップに戻る