プリセプターシップ

先輩職員がプリセプターとなり、新人職員(プリセプティ)と一定期間ペアを組み、マンツーマンでサポートしていく教育システムです。

プリセプターシップとは

先輩職員がプリセプターとなり、新人職員(プリセプティ)と一定期間ペアを組み、マンツーマンでサポートしていく教育システムです。
期間は原則として6ヶ月間です。

プリセプターシップの意義・利点

  • プリセプターは業務以外の精神的なサポートもする先輩です。
  • マンツーマンの指導方法のため、新しい環境になじみやすく、質問もしやすい雰囲気です。
  • プリセプティのサポートを通して、プリセプター自身も一緒に学んでいきます。
  • 経験のない業務の場合は、まずプリセプターのケアを見学してもらうことからスタートします。
  • プリセプターのフォローは主任が中心となり、病棟全体で行います。プリセプターがチームになじむための橋渡しをします。

プリセプティの声 ~"新入職員の集い"にて

採用から今までの感想を聞いてみました

  • 一度教えてもらったことは何度も聞きにくいものですが、先輩方は気にせず教えてくれました。
  • 次は何をしたらいいか考えていると、周りから声をかけてくれました。
  • まずシーツ交換についてわかるまで教えてもらい、それができるようになってから次のステップに進むようになっていて、わかりやすかったです。
  • 今の雰囲気なら病棟に馴染めそうです。

先輩から言われてホッとする言葉は?

  • 「急いで覚えなくても大丈夫だからね」
  • 「あれだけ動ければ大丈夫よ」

求人検索

ページトップに戻る